© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-1

2.私がお節介に目覚めるまで

2-1 生い立ち

こんにちは。

おせっかい社長こと渡辺千春です。

最近では、お節介塾の塾長でもあります。

私が、なぜ“おせっかい社長”と名乗り、

“おせっかい”をし続けているのか?

自己紹介に変えて、

私の生い立ちに少しだけお付き合いください。

【生い立ち】

私が生まれたのは、

鉄腕アトムが放映開始された1963年のことです。

ですので、私と鉄腕アトムは同い年しかも同じ誕生日。

私もアトムのように、今でも心は少年です(笑)

私は問屋街の下町、浅草橋で産声をあげました。

子供の頃、

いつも寂しさを抱えていました。

両親は共稼ぎで帰りがいつも深夜。

学校でも、千春という名前のせいで

「女だ女だ!」といじめられていました。

いじめられても反撃をせず、

いつも我慢をし続けました。

毎日懸命に働いてくれた両親のおかげで、

大学まで進学をすることができ、経営学を学びました。

卒業後、

私が選んだ就職先は印刷会社でした。

次回は、社会人時代です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

お節介仲間から、サプライズお節介!!

https://www.youtube.com/watch?v=OipNpyaLKeA&t=1s 動画を作っていただきま…

母の思い出の品

横浜中華街にある、和カフェCANTIKMANISでの出来事。そこで販売している手作りアクセサリーの一部は、母が生前に営んでいた和紙店で購入…

浅草橋親善大使

昨日、#浅草橋勝手に親善大使の百恵さんとバッタリ!嬉しい投稿をしていただきました(^O^)/ 浅草橋の変わり者が揃いました(*^▽^…

人が動くのはお金だけではありません

お節介塾では、3日目まで、先輩の塾生がサポートしています。無償で力を貸していただける、お節介していただける。人が動くのはお金だけではありま…

お節介塾の文字

今回も折り句作家のMIKAKOさんに、お節介塾のカバー用ほかで使用する文字を書いていただきました(^O^)/ …

ページ上部へ戻る