© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-1

2.私がお節介に目覚めるまで

2-1 生い立ち

こんにちは。

おせっかい社長こと渡辺千春です。

最近では、お節介塾の塾長でもあります。

私が、なぜ“おせっかい社長”と名乗り、

“おせっかい”をし続けているのか?

自己紹介に変えて、

私の生い立ちに少しだけお付き合いください。

【生い立ち】

私が生まれたのは、

鉄腕アトムが放映開始された1963年のことです。

ですので、私と鉄腕アトムは同い年しかも同じ誕生日。

私もアトムのように、今でも心は少年です(笑)

私は問屋街の下町、浅草橋で産声をあげました。

子供の頃、

いつも寂しさを抱えていました。

両親は共稼ぎで帰りがいつも深夜。

学校でも、千春という名前のせいで

「女だ女だ!」といじめられていました。

いじめられても反撃をせず、

いつも我慢をし続けました。

毎日懸命に働いてくれた両親のおかげで、

大学まで進学をすることができ、経営学を学びました。

卒業後、

私が選んだ就職先は印刷会社でした。

次回は、社会人時代です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

ご紹介いただきました!

塾生をご紹介いただきました、折り句作家の秋山美香子さん!(写真右)いつも愛と思いやりのお節介をありがとうございますなんと今年3人目のご紹介…

「まず相手」という精神を身につけたい

この度、お節介塾50期生として入塾させていただいた菅沼と申します。渡辺さんとは4ヶ月前に経営者コミュニティで知り合い、それ以降大変お世話に…

秒で柔らかい笑顔

みなさま、はじめまして。110人目の48期 お節介塾 入りたてホヤホヤ♨️いい湯だなぁ〜と温かさ感じている踊るKIMIこと齋藤貴美子です🕺…

人生にぜひとも必要なこと

みなさま、はじめまして。お節介塾47期生として参加させていただきました手塚宏樹です。仕事は、司法書士として相続に関することを中心にご相談を…

目線・言葉・テンション、身体の全てを使って話しを聞く

皆さま初めまして。この度、お節介塾47期生として入塾させていただきました前野太志(まえのひろし)と申します。私は現在、共に47期生として同…

ページ上部へ戻る