© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 1-6

1.お節介の定義

1-6 現代の著名人からお節介を解く

『人の心は、「他人のために」行動するときが、
もっともいい状態を保つことができるのです。
そろそろ、人間は、助け合って暮らしていた、
本来の人類のあり方に戻るべきではないでしょうか。』

村上和雄さん(分子生物学者)

日本の危惧を感じるお言葉ですね。
私が幼少~若い頃は、確かにお節介な方が多かった気がします。

次回も、現代の著名人からお節介を解くです。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-6(最終回)

4.お節介の実践へ向けて 4-6 幸せの上昇スパイラルへ お節介塾の「お節介」とは、「愛」と「思いやり」から成り立ち、「節度あ…

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-5

4.お節介の実践へ向けて 4-5 分野別マイ専門家 以下の各分野で、質問や依頼を受けた際に、応えてあげることができるかどうかの…

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-4

4.お節介の実践へ向けて 4-4 お節介の注意点 お節介の具体的なアクションは、理屈抜きで、おせっかいしたい人におせっかいをす…

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-3

4.お節介の実践へ向けて4-3 おせっかいしたい人×おせっかいしたいことおせっかいしたい人とおせっかいしたいことを思い描いてみましょう。一…

お節介塾顧問

昨日、お節介塾顧問就任をお願いしましたところ、ご快諾をいただきました。株式会社システムタンク代表取締役社長 安田浩也さんです。ありがとうご…

ページ上部へ戻る