© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-4

2.私がお節介に目覚めるまで

2-4父の病からうまれた決意

退職を決意した時期、

父が病に倒れました。

人生のタイミングというのは、

偶然ではなく必然かもしれないと感じた出来事でした。

26歳の春

私は父の事業を継ぐことを決意しました。

事業を継いだ2代目。

常識的には苦労もなく、

のうのうと生きているイメージがあります。

しかし、「最大の苦難」の

始まりとなりました。

父の時代からいた、古参幹部。

新しい風をまったく受け付けない反対勢力。

沢山のいやがらせにもあいました。

それでも、なんとか実力で見返してやろうと頑張りました。

つねに実力を値踏みされていた私。

断崖絶壁に立たされていた私の背中を、

グイグイと押す出来事がありました。

まさに泣きっ面に蜂です。

売上げの40%を占める、取引先の倒産。

父の会社をついでから10年目のことでした。

もう、だめかと思いました。

「やはり自分には無理」なのかと・・・。

しかし、そんな私を支えてくれたのが亡き父の言葉。

昔気質のがんこな父。

私を一度もほめてくれなかった父が、

唯一私に残してくれた言葉。

「お前なら大丈夫」

父は、私が35歳のときに肺ガンで亡くなりました。

最後の最後、病床から私に贈ってくれた

大切な言葉でした。

私は父からの言葉で、

あきらめず頑張ることを思い出したのです。

それからというもの、がむしゃらに頑張りました。

ネットでプチプチの販売を皮切りに、

率先して営業活動に謹みました。

何度も何度も挫折しそうになりました。

そのたびに、病でありながら、

私にエールを贈ってくれた父の言葉を思い出しました。

「お前なら大丈夫」

私を信じてくれた父。

共に苦労を分かち合ってくれる仲間。

私は「人」によって活かされている。

ようやく、「人生で一番大切なこと」

に気付くことができました。

「人との出逢いを大切にすること。」

それが私の信念となりました。

次回は、45歳からのさらなる転機「お節介になる」です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

ご紹介いただきました!

塾生をご紹介いただきました、折り句作家の秋山美香子さん!(写真右)いつも愛と思いやりのお節介をありがとうございますなんと今年3人目のご紹介…

「まず相手」という精神を身につけたい

この度、お節介塾50期生として入塾させていただいた菅沼と申します。渡辺さんとは4ヶ月前に経営者コミュニティで知り合い、それ以降大変お世話に…

秒で柔らかい笑顔

みなさま、はじめまして。110人目の48期 お節介塾 入りたてホヤホヤ♨️いい湯だなぁ〜と温かさ感じている踊るKIMIこと齋藤貴美子です🕺…

人生にぜひとも必要なこと

みなさま、はじめまして。お節介塾47期生として参加させていただきました手塚宏樹です。仕事は、司法書士として相続に関することを中心にご相談を…

目線・言葉・テンション、身体の全てを使って話しを聞く

皆さま初めまして。この度、お節介塾47期生として入塾させていただきました前野太志(まえのひろし)と申します。私は現在、共に47期生として同…

ページ上部へ戻る