© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 3-1

3.お節介のプロになるコツ
~喜んでもらうためにすること~

3-1 全力で相手の話を聞く

①質問力
自分が知りたいことは、疑問。
お節介における質問は、「質の良い問い」
と定義しています。

「相手を気持ちよくさせる」ことが目的。

私は、長きに渡り、この「質問」をしてきました。

すると、ビジネスの場面では、仕事も多くいただくようになりました。

若い頃は、自分の商品を売りたいがために、
ゴリゴリの営業も経験しました。
自分のことしか考えていませんでしたね。

そして行き着いたのが、この「質問」でした。

ただし、一度も見返りを求めるために質問をしたことはありません。

媚びを売ったり、ゴマをすったりしたこともございません。

ただただ、その人を喜ばせたいという思いだけです。

プライベートな場面でも、好きになっていただく確率が高くなりました。
(もちろん、自分がこの人と仲良くしたい気持ちが前提ですが)

「なべさんは、なぜ著名人、芸能人の方と仲が良いのですか?」
とよく聞かれます。

これも、質問のおかげです。

では、「質の良い問い」のコツは??

その人が、好きなものや、好きなことについて、聞くことです。

では、どうすれば、好きなもの、好きなことがわかるのか??

質問をしているうちに、顔がほころんだり、
前のめりになられる瞬間があります。

それがわかったら、それについて、徹底的に質問します。

すると、どんどん気持ちよくお話を続け、
笑顔もいっぱいになります。

では、自分ばかり聞いていて、聞いてもらえないのか??

そんなことはありません。

気がつくと、好きになってもらったことを感じ、
信用、信頼も得ることになります。

信用、信頼を得ると、興味を持たれ、
お相手から、逆に質問をされるようになります。
スムーズなキャッチャーボールが展開されます。

結果、長いお付き合いになることが、多々あります。

再度申しますが、
一度も見返りを求めるために質問をしたことはありません。

媚びを売ったり、ゴマをすったりしたこともございません。

ただただ、その人を喜ばせたいという思いだけです。

結果、お相手も自分も幸せになれる関係性ができるのです。
自然と。

お節介塾では、その「質問力」を鍛えるワークもしております。

次回は、お節介に必要な「傾聴力」です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

ご紹介いただきました!

塾生をご紹介いただきました、折り句作家の秋山美香子さん!(写真右)いつも愛と思いやりのお節介をありがとうございますなんと今年3人目のご紹介…

「まず相手」という精神を身につけたい

この度、お節介塾50期生として入塾させていただいた菅沼と申します。渡辺さんとは4ヶ月前に経営者コミュニティで知り合い、それ以降大変お世話に…

秒で柔らかい笑顔

みなさま、はじめまして。110人目の48期 お節介塾 入りたてホヤホヤ♨️いい湯だなぁ〜と温かさ感じている踊るKIMIこと齋藤貴美子です🕺…

人生にぜひとも必要なこと

みなさま、はじめまして。お節介塾47期生として参加させていただきました手塚宏樹です。仕事は、司法書士として相続に関することを中心にご相談を…

目線・言葉・テンション、身体の全てを使って話しを聞く

皆さま初めまして。この度、お節介塾47期生として入塾させていただきました前野太志(まえのひろし)と申します。私は現在、共に47期生として同…

ページ上部へ戻る