© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-1

4.お節介の実践へ向けて

4-1 お節介したい人

誰にお節介をしたいか、分類してみました。

1.家族・親類
(嫁・夫・子ども・親・兄弟・親戚)

2.友人・交友関係
(学生時代・コミュニティ)

3.仕事関係
(お客様・取引先)

4.自分が知っている人
(相手はこちらを知らない)

5.名前を知らない見知らぬ人  
(老人・子ども・困っている人など)

6.世の中の誰か
(日本の誰か・世界の誰か)

上記を参考に、シチュエーションを想像し、
お節介できることを考えてみてくださいね。

次回は、「お節介したいこと」です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

表参道おそうじに参加

今日は、グリーンバードさん主催の表参道おそうじに、お節介塾黒帯生と参加。歩道よりも、コインパーキングにゴミや吸殻が多かったですね💦お節介塾…

第二回お節介プロジェクト!

お節介塾黒帯生主催、第二回「お節介プロジェクト」本日は、サザンビーチでゴミ拾い!みなさん、話題の『ゴミ拾い侍』ならぬ『お節介侍』でした^ …

お朔日参りでお節介

浅草の待乳山聖天にて、足が不自由なおばあ様のお節介をみんなでさせていただきました。階段の昇り降り、タクシーを拾うところまで。涙を流して喜ん…

秒でファンに!!

TenCy株式会社 高仲社長に、バナナファクトリーを運営するGRaiL Japan株式会社 市村社長をご紹介いただきました^ ^ バ…

お節介仲間から、サプライズお節介!!

https://www.youtube.com/watch?v=OipNpyaLKeA&t=1s 動画を作っていただきま…

ページ上部へ戻る