© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-1

4.お節介の実践へ向けて

4-1 お節介したい人

誰にお節介をしたいか、分類してみました。

1.家族・親類
(嫁・夫・子ども・親・兄弟・親戚)

2.友人・交友関係
(学生時代・コミュニティ)

3.仕事関係
(お客様・取引先)

4.自分が知っている人
(相手はこちらを知らない)

5.名前を知らない見知らぬ人  
(老人・子ども・困っている人など)

6.世の中の誰か
(日本の誰か・世界の誰か)

上記を参考に、シチュエーションを想像し、
お節介できることを考えてみてくださいね。

次回は、「お節介したいこと」です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

「おせっかい」の折り句

お節介塾30期生の書家、濱田如雪さんから、『おせっかい』の折り句をいただきました(≧∀≦)嬉しいです😊  …

シン・おせっかい社長(^^ゞ

元テレビ局アナウンサー&ディレクター/「NHKスペシャル」「ニュースZERO」元ディレクター、現ブランディングプロデューサーの登田…

他の人には言えなかったことでも自然と口に出る

お節介塾生が投稿をしてくれました(^^ゞ   オンライン校3期生で勉強をしている鈴木です。 皆さん、よろしくお願いします…

お節介塾5周年記念

お節介塾の朝倉プロデューサーより、お節介塾5周年記念に、石でできたメモリアルプレートをいただきました お節介塾の理念である「お節介で…

3か月半で47都道府県を周ってます!河原由美子さん

皆様からのお節介をお待ちしております(^O^)/ https://www.youtube.com/watch?v=SCeTpjBC…

ページ上部へ戻る