© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-1

4.お節介の実践へ向けて

4-1 お節介したい人

誰にお節介をしたいか、分類してみました。

1.家族・親類
(嫁・夫・子ども・親・兄弟・親戚)

2.友人・交友関係
(学生時代・コミュニティ)

3.仕事関係
(お客様・取引先)

4.自分が知っている人
(相手はこちらを知らない)

5.名前を知らない見知らぬ人  
(老人・子ども・困っている人など)

6.世の中の誰か
(日本の誰か・世界の誰か)

上記を参考に、シチュエーションを想像し、
お節介できることを考えてみてくださいね。

次回は、「お節介したいこと」です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

お節介仲間から、サプライズお節介!!

https://www.youtube.com/watch?v=OipNpyaLKeA&t=1s 動画を作っていただきま…

母の思い出の品

横浜中華街にある、和カフェCANTIKMANISでの出来事。そこで販売している手作りアクセサリーの一部は、母が生前に営んでいた和紙店で購入…

浅草橋親善大使

昨日、#浅草橋勝手に親善大使の百恵さんとバッタリ!嬉しい投稿をしていただきました(^O^)/ 浅草橋の変わり者が揃いました(*^▽^…

人が動くのはお金だけではありません

お節介塾では、3日目まで、先輩の塾生がサポートしています。無償で力を貸していただける、お節介していただける。人が動くのはお金だけではありま…

お節介塾の文字

今回も折り句作家のMIKAKOさんに、お節介塾のカバー用ほかで使用する文字を書いていただきました(^O^)/ …

ページ上部へ戻る