© おせっかい通信 All rights reserved.

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 4-2その5

4.お節介の実践へ向けて

4-2 お節介したいこと

お節介したいことを分類してみました。

~どんなお節介ができるのか~

・伝達のおせっかい

相手のこと優先して考え、相手にとって最良な伝え方をする。

また相手がしてくれたことに対しては、自ら感謝を伝える。

《おせっかいの視点・観点》

・質問力・傾聴力・承認力・共感力を使って、全力で聞く。
 その上で、相手を笑顔にさせたり、
 勇気づけたり、
 モチベーションを上げたり、
 背中を押したり、
 一緒になって悩みや問題を解決をしたり、
 また自分の意見を言う時や相手を叱る場合も常に相手の立場に立って、
 愛と思いやりのある伝達を心掛ける。

・自分の為にわざわざ時間を取ってくれたり、
 労力や知恵を使ってくれた場合は、
 すぐに感謝の気持ちやお礼を相手に伝えて、
 それ以上のことをお返ししようと心掛ける。

私は、1日に何回も「ありがとう」を言います。
たとえこちらが、お客の立場であったとしても言います。
「どういたしまして」ではなく、「こちらこそ、ありがとう」です。
それは、タクシーで降りる時や、コンビニの会計でも同様です。
常に感謝を探しています。

日本人は、「すみません」という方が多いとも言われています。
確かに、エレベーターで、「開く」ボタンを押して、
乗ってくるのを待っている時も、「すみません」と言う方が多いです。
外国の方は、「すみません=Sorry」なので、
「何で日本人はいつも謝っているの?」と
不思議がっている人もいるとか。

「有難う」は「有難し」から」来ており、
「めったにないこと」の形容詞。
つまり、めったに起こらない貴重な出来事への感謝の言葉なのです。

ぜひ、「ありがとう」を口癖にしましょう。

次回は、「おせっかいしたい人×おせっかいしたいこと」です。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

お節介仲間から、サプライズお節介!!

https://www.youtube.com/watch?v=OipNpyaLKeA&t=1s 動画を作っていただきま…

母の思い出の品

横浜中華街にある、和カフェCANTIKMANISでの出来事。そこで販売している手作りアクセサリーの一部は、母が生前に営んでいた和紙店で購入…

浅草橋親善大使

昨日、#浅草橋勝手に親善大使の百恵さんとバッタリ!嬉しい投稿をしていただきました(^O^)/ 浅草橋の変わり者が揃いました(*^▽^…

人が動くのはお金だけではありません

お節介塾では、3日目まで、先輩の塾生がサポートしています。無償で力を貸していただける、お節介していただける。人が動くのはお金だけではありま…

お節介塾の文字

今回も折り句作家のMIKAKOさんに、お節介塾のカバー用ほかで使用する文字を書いていただきました(^O^)/ …

ページ上部へ戻る