© おせっかい通信 All rights reserved.

2020年11月26日のこと

お世話になっている、一般社団法人日本折り句協会の秋山理事長夫妻より、
過分なお節介をしていただくことに。

「いつもお世話になっているから」
「このくらいでは返せない」と。

自分では、何をお節介したのかわかりませんが、
大変嬉しいお申し出をいただきました。

人は、してもらったことより、してあげたことの方が、
35倍覚えているとのこと(´;ω;`)ウッ…
見返りを求めているのか・・・

しかし秋山夫妻は、いつも、してもらったことを覚えているのです。
感謝の気持ちを忘れないのです。
お節介だなぁ~( *´艸`)

お節介をしていると、お節介されるようになる。
みんなで幸せになれる。
これが、お節介がもたらす「幸せの上昇スパイラル」なのです。

お節介塾LINE公式アカウントです\(^o^)/

関連記事

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-4

2.私がお節介に目覚めるまで 2-4父の病からうまれた決意 退職を決意した時期、 父が病に倒れました。 人生のタイ…

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-3

2.私がお節介に目覚めるまで 2-3人生で初めてキレた 人生初めて、キレました。 仕事を始めた2年目のある日のこと。 …

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-2

2.私がお節介に目覚めるまで 2-2社会人時代 父が経営しているのは印刷会社でした。 幼き頃から鼻につくインクの匂いで育…

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 2-1

2.私がお節介に目覚めるまで 2-1 生い立ち こんにちは。 おせっかい社長こと渡辺千春です。 最近では、お節介塾…

連載:幸せの上昇スパイラルの起こし方 1-6その3

1.お節介の定義 1-6 現代の著名人からお節介を解く まわりにいい影響をあたえる人がうまくいく あなたの人生を…

ページ上部へ戻る